トップ ロゴ
“自宅サロン開業”に強い!!!
フェイシャルエステスクール
東京ファセテラピー 電話番号 資料請求
HOME | スクールのこだわり | コース・技術紹介 | スクールQ&A | 卒業生紹介 | プロフィール | アクセス | ブログ


    2003年卒業
植村美寿佳さん
自宅の一室を改装し、サロンを開業
サロン、スクール講師、柔道整復師
色々な要素を取り入れて独自の技術を開拓中。

植村さん 植村さんエステを医療的な側面から見てみたい

エステに興味をもったきっかけを教えてください。
実は、私自身はそれほど興味がなかったんです。ただ、母がずっとエステに通っていて比較的身近なものだったんです。それに母は、実はとても肌がきれいなんです..なので、エステの美容効果についてはいつも感じていました。

それが、エステのスクールに通われるに至ったのは...?植村さん
ズバリ、年齢ですね。ある程度年齢を重ねるにつれて、アンチエージングに興味を持つようになりました。エステについては以前から漠然と興味はあったのですが、自分自身が年齢を重ねていったことが直接のきっかけですね。それで、どうせだったらエステの勉強をしてみようと思ってスクールに入学しました。

スクールに入られていかがでしたか?
うーん。なんというんでしょうね。。深いなぁ。。って思いました。それは今でも感じているんですけど。実は私はTFTスクールで勉強していたのは結構前なんです。スクールで勉強したあとで柔道整復師の資格をとるために学校に通ったりとかいろいろしていて、ずっと鈴木先生にいろいろ教えてもらいながらゆっくりと勉強してきたんです。ファセテラピーのテクニックって習得に時間がかかるんですよね。。。今も勉強の最中です。

はじめて施術をしたときってどんな感じでしたか?
「自分にもできるんだろうか?」って不安が大きかったですね。人を触ることって日常生活ではそんなにないじゃないですか。。だから、自分が触って相手はどう感じているんだろう?不快じゃないかなぁ。。とかいろいろ考えちゃいました。でも、最初はそんなかんじだったのですが、やっているうちにだんだん面白くなってきました。。

柔道整復師の資格にはなぜ興味をもったのですか?
私ってなんでも”つきつめたくなる”んですよ。それでエステを医療的な側面からもみてみたくって。植村さん

かなり本格的に勉強するんですよね?
ええ、学校には3年間通いました。柔道整復師って骨折や脱臼を本当に修復するんです。だから、骨とか筋肉とか神経など人体についてかなり本格的に勉強するんです。人体解剖もしたんですよ。。

え?医学部みたいに?
そうなんです。阪大の医学部に行って実際に人体解剖したんですよ。。。

すごいですね。。どうでしたか?
大きな部屋にご遺体が40から50ぐらいずらりと並べられているんです。黒板にご遺体の死亡時の年齢と死因とかが書かれてるんですよ。で、先生がそれらのご遺体の前でマイクで講義されてて。なんだかすごい光景なんですが、それよりも私はホルマリンの匂いがどうしてもだめで。。。頭が痛くなっちゃって部屋を出たり入ったりしてました。

人体解剖をすると人の見方が変わるって聞きますけど。。?
なんか妙な言い方ですが。。なんか親近感がわきましたね。始める前はなんか不安で。。。大丈夫かな?って思っていたんです。けど、いざご遺体と対面すると案外、受け入れられちゃいました。でもみなさんそんな感じでしたよ。解剖実習が終わって、帰りにみんなで普通に食事に行きましたし(笑)。

実際にメスで?
いやいや。。後ろで見てましたよ。でも、すでに医学部の学生さんが解剖を済ませたものを使うので、すでに解剖されている状態なんです。でも、持ったり、触ったりしてみると骨って結構重いんだな。。とか筋肉ってこんなふうについているんだ。。かなり実感がわくんですよ。

柔道整復師ってぐらいですから、先生はみな柔道家なんですか?
.そうですね。先生はたいてい柔道家です。それに骨折や脱臼の修復の実習もするんですよ。

じゃあ柔道もできないといけないんですか?
一応、柔道の型みたいのがあってそれができないといけないんです。

みなさん柔道されたことない人なのでは?
そうです(笑)。私ももちろんやったことがなかったので、前回り受身からやりました(笑)。でも、前にも言いましたけど私は”のめりこむ”タイプなので、柔道にものめりこんで、先日、講道館から黒帯の免状をいただきました。植村さん

ええ。。。すごいですね?
実は、柔道をがんばりすぎて怪我をして入院しちゃったんです。

・・・
なんか変な形で体重がかかっちゃって脱臼しちゃったんです。

で、どうされたんです?
普通ならありえない位置に半月板があったんですが。。。(うぁー痛そうですね。。)。。。日頃から習っている修復術をつかって自分でエイヤッと元の位置に修復しちゃいました(笑)

うぅ。。痛そうですね。すぐに救急車ですか?
いいえ。。それから2時間講義をうけて(笑)。。夜間救急に行きました。

大丈夫だったんですか?
受診した先生はまさか自分で修復しているとは思わないから、習慣性の脱臼だと思ったらしくて、自分で修復したと知った時はびっくりしてました。。。ね(笑)

そりゃ。。まさか目の前の患者さんが柔道整復師の勉強してるなんて思わないですもんね。。。
半月板はきちんと戻っていたんですが、靭帯を痛めてしまって一カ月も入院することになっちゃたんです。

それで、そのご努力の甲斐があって見事に国家試験に合格されたんですね。
おかげ様で。。でも、その年はすごく難しくって。受験して学校に戻って答え合わせをするんですが、だめだろうな。。。って思ってました。そしたら先生が難しいわけだよ。。医師国家試験の過去問が出たって。植村さん

TFTスクールは独立開業への最短経路

話は変わりますが、開業はどんなかんじだったんですか?
ベッドとスチーマーぐらいを買って、自宅の一室で始めたのでそんなに開業自体がすごく大変だったという感じはしませんでしたね。。でも開業してからが大変でした。最初の6ヵ月ぐらいは、なかなかお客さんも来なくって。チラシを配ったり、置いてもらったりと集客には苦労しましたね。そうしているうちに、次第にリピーターになってくださるお客様が出てきて、その方が新たなお客様をご紹介してくださって。。。と、地味に地道にやってきたというかんじです。

今度はTFTスクールの京都校としてスクールもされるんですよね。
はい。スクールは本当に始まったばかりです。いままでとは異なり今度は”教える”という新しいことへのチャレンジが加わりますね。それにスクールを少し初めてみてスクールの社会的な役割みたいなものも少しですけど。。見えてきました。

具体的には?
スクールの相談に見えた方とお話していてなんですけど。。その方は30歳ぐらいで、ずっと派遣社員をされていたんだそうです。そしたらこの不況で派遣切りに会ってしまって。。。それまで、自分が切られるなんて思ってもみなかったんで、実際に切られてみてすごく驚いたんだそうです。それで、いまその方は違う職場で働かれているんですが、そこでお掃除のおばちゃんと仲良くなっていろいろと話していて。。。ある日、ふとそう遠くない未来を考えてみたら...自分は派遣でOLをずっとやってきて特に何か資格があるわけじゃない...自分ができることって何だろう?と考えてみると...”できることが何もない自分に”...気づかされたそうです。それで”手に職をつけよう”とスクールに興味を持ったとおっしゃられていました。
TFTスクールってかなり独立開業を意識していて、余計なものをすべて省いて”独立開業への最短経路”みたいになっていますから、手に職をつけて独立していくにはよいと思います。


今後の展開や夢みたいなものってありますか?
このインタビューのお話をいただいてから、ここ数日間ずっと考えてみたのですが。。。具体的に”これ”というものは未だ見えないですね。サロン、スクール、柔道整復師といろんな要素がありますが、それぞれに長所と短所があると思うんです。それらが相互に補いあって全体としてよい方向にいくように考えていきたいなと思っています。
 

卒業生紹介トップ ロングインタビュートップ

HOME | スクールのこだわり | コース・技術紹介 | スクールQ&A | 卒業生紹介 | プロフィール | アクセス | ブログ